株の動向に左右されない経営ができるアイリスオーヤマ

アイリスオーヤマの製品を購入したことのある人は多くいるでしょう。優れた電化製品を販売していますから、投資できるのなら投資してみたいと考える人は多くいるはずです。しかし、現在のところは株式公開を行っていませんから、簡単には投資ができないのが現状です。

アイリスオーヤマはなぜ株式公開しないのでしょうか。もともとは中小企業の街である東大阪で生まれた会社で、成長を続けてきました。多くの企業が東証への上場を目標として経営を続けていくのですが、アイリスオーヤマはそのような経営方針を採らなかったようです。

株を公開しないメリットはいくつかありますが、やはり最も大きなメリットは株主の圧力を受けないことでしょう。市場に公開することによって株主構成が変化しますから、そのリスクはあります。たとえば、買収される可能性は否定できないでしょう。市場の動向によっては、株主から何らかの対策を求められることもあります。

たとえば、自己株買いを求められることもあるでしょうし、増配を求められることもあるでしょう。このようなことが経営に悪影響を与えることもあります。現状の経営を続けて拡大していこうと考える経営者にとっては、市場の動向に左右されることはあまり好ましいことではありません。市場に公開しないことによって、増資などの資金調達が難しくなるというデメリットもありますから、企業が短期間で成長するのには適していませんが、市場の動向を受けないという点では優れています。

アイリスオーヤマといえば、大手の電機メーカーにはない経営スタイルが強みの一つであるとも言えるでしょう。市場に公開することによって強みが失われる可能性があることも、公開しない理由の一つだと考えられます。